れとろげ。

ファンタジー風創作小説『ようこそ麒麟亭へ』

2010年01月13日

誤用だ!

今回のバカデスの中で用いた、「敷居が高い」という表現が誤用でないかという指摘をいただいた。
確かに文字数の関係や、コーナーの暗黙のお約束ネタとして説明をはしょったところもあるので仕方ない面もあるのだが、
やはりどうもこの指摘には納得できない。

私が、「レベルが高くて手が届かない」という意味で「敷居が高い」を使ったように思われているようだが、
このコーナーではこれまでにさんざん、ゲームバランスや操作性が悪くて時間がかかって面倒くさいゲーム、
しょっちゅう死んではやり直すゲームなどをクリアしてきてるので、
数万人がプレイして数万人がクリアしているような正統派のゲームを、
今さら「ハードルが高い」などと思うはずがないのだ(笑)


以前も、相手をこらしめるため(それが正しいと信じて)故意にマナーの悪い振る舞いをしていた人物について
意味をわかった上であえて「確信犯」という語を用いたら、
「それは誤用ですよ」と指摘されたことがある。
どうもこういった「誤用の指摘」だけがネットで一人歩きしているような印象がある。

そこまで厳密な定義に従っていては、「確信犯」は刑法犯罪者に対してしか使えない。容疑者段階で使うのも誤りである。
「猿も木から落ちる」という慣用句は、本当に猿が木から落ちた場合にしか使えないことになる。一生に一回あるのか、そんな場面。


「敷居が高い」も、辞書などには「不義理や不面目のため訪問しづらい」と書かれていて、
つまり「レベルが高くて手が届かない」という解釈は明らかに間違いなわけだけども、
しかし不義理や不面目にもいろいろなケースが考えられるはずである。
例えば「未経験 = 一見さんであるという不面目」「高級な店の空気を自分が汚してしまうのではないかという不面目」などゆえに「敷居をまたぎづらい」というのも含まれるはずではないか。

付き合っている女の子を妊娠させてしまって、
これまで行ったことのない彼女の実家に挨拶に行くとか、
初めての訪問なわけだけども、「敷居が高い」以上にふさわしい表現があるだろうか。


敷居は足を上げれば簡単に越えられるものだけども、心理的抵抗がそれをさせないのであり、
肉体的障害に過ぎない「ハードルが高い」などの言葉に置き換えるほうが本来のニュアンスを損なうだろう。
慣用句とはすなわち比喩なのだから、範囲が広く曖昧になるのは必然だと思うのだが。


いやマジで誤用や誤字も多いからツッコんでいただけるのは歓迎なんですけども。



※もしかしたら指摘されたのは最後の「煮詰まって」という部分かもしれない。
(本来は味が染みて完成した状態を指す)
しかしこれも、そのあとに「焦げ付いた」とネガティブな表現をわざわざ付け足しているので誤りではないだろう。
あえて言えば「煮詰まりすぎて」と書いたほうがよりわかりやすいのだろうが、
その前の「詰まって詰まって」からの韻とリズムを意識してあえてこうしている。


同じカテゴリー(バカゲー戦禍FREEDOM)の記事画像
サンデー×マガジン [2]
サンデー×マガジン [1]
『Brooktown HIGH』[2]
『Brooktown HIGH』[1]
ロンドン鮫・パパイヤ団死すべし
GET!ボクのムシつかまえて [1]
同じカテゴリー(バカゲー戦禍FREEDOM)の記事
 サンデー×マガジン [2] (2009-07-08 19:01)
 サンデー×マガジン [1] (2009-07-06 19:56)
 『Brooktown HIGH』[2] (2009-05-27 17:12)
 『Brooktown HIGH』[1] (2009-05-07 19:01)
 ロンドン鮫・パパイヤ団死すべし (2009-04-07 19:20)
 GET!ボクのムシつかまえて [1] (2009-03-13 21:33)


 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。