れとろげ。

ファンタジー風創作小説『ようこそ麒麟亭へ』

2009年11月11日

珈琲無双


本日はこんなものを発見。
ジョージア缶コーヒーと歴史街道のコラボらしい。





イラストはそのまんま『戦国無双』シリーズを手がける諏訪原寛幸氏。
以前、『戦国絢爛チョコ』の記事

「いっそコンビニのおにぎりとタイアップしてはどうか」

とか書いたが、当たらずとも遠からず、といったところか。


しかしながら、缶コーヒーではやはり歴女への訴求力が欠ける。

もっと老若男女問わずに売れる、
たとえばウイダーinゼリーみたいな商品のほうが良かったんじゃないだろうか。
現代の兵糧、って感じで。

と言うか、お茶で良かったような気もする。


ちなみに、関が原や大坂の陣の時代、
コーヒーはまだヨーロッパでもようやく伝えられはじめたばかりで、
家康や幸村がその存在を知ることはなかったと思われます。

当人たちも、何百年も後の世界で自分が缶コーヒーのパッケージになったり、
ゲームの中で必殺技使って暴れたり、
自分たちのホモ漫画を女子が買い漁ったりすることになろうとは夢にも思わなかっただろうなぁ。


同じカテゴリー(廃屋のトイボックス)の記事画像
どれからトレカ: 『神宝大戦 テオスマキア』
戦国無双3フィギュア
臓物をブチ撒けろ!
ROBOT魂 ダブルオーガンダム セブンソード
30thメモリアルガンダム
どれからトレカ:超怖い話ガム
同じカテゴリー(廃屋のトイボックス)の記事
 どれからトレカ: 『神宝大戦 テオスマキア』 (2010-02-16 21:47)
 オタクの電脳街決算売りつくし (2010-01-08 18:58)
 戦国無双3フィギュア (2009-11-27 21:09)
 臓物をブチ撒けろ! (2009-11-24 13:08)
 ROBOT魂 ダブルオーガンダム セブンソード (2009-10-26 02:54)
 30thメモリアルガンダム (2009-09-22 09:45)


この記事へのコメント
はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。

当方、にわか歴女?です。
小売業のような職についているので、そういった商品が出ると「おお!」と思うのですが、やはり買っていかれるのは普段缶コーヒーを買っていかれる客層の方ばかりですね…。むしろ女性が狙って買っていくのを見たことがありません。
同時期にビール二本で武将の家紋キーホルダー、という特典も発売されたのですが、こちらもまったく女性の方に動く気配がなく。
歴女の実在を疑いたくなる瞬間があるのですが、単純に歴女自体が声高に取り上げられているわりには少数なのと、単純な需要と供給がずれているだけなんでしょうね。

私としてはキーホルダーの出来がかなりよいので欲しいんですが、ビールが飲めないのであきらめました。
そういう女性もけして少なくはないと思うんですが、どうしてこう年配の方向けのものにばかり戦国武将ものをつけるのか…。
訴求力に欠ける気がするのですけれどね。

長々と失礼致しました。
Posted by 京弥 at 2009年11月13日 10:25
京弥さん、はじめまして。

チルドカップのコーヒーは最近女性客も意識してますが、
缶コーヒーはやはりいまだに男性サラリーマン専用、という感じですしね。

女性にもウケそうなグッズと言うと、
入浴剤のボールの中から武将の紋をかたどったマスコットが出てくるやつ、とかですかね。

あとセガの『歴史対戦ゲッテンカ』が今後どういう動きをしていくのかも注目です。
子連れならともかくシングル女性には一般ゲーム以上に敷居が高い気もしますが。
Posted by 白川嘘一郎 at 2009年11月13日 15:42
>自分たちのホモ漫画を女子が買い漁ったりすることになろうとは夢にも思わなかっただろうなぁ。
戦国武将にしてみれば、ごく自然の事でしたからね。
しかし、痴情のもつれで謀反が起きたり刃傷沙汰になったり、シャレにならない世界ではありますよね。
支配される民草にしてみれば、上の人たちの痴情のもつれで国が引っ繰り返る訳ですからね。

そう言えば、『信長の野望』でも天翔記の講義で隠しメッセージが出てきましたね。
Posted by 市藤勇美 at 2009年11月13日 20:37
いやー、さすがにそれでも敵対してるライバル武将との絡みとかは想定外なんじゃないでしょうか。
攻か受かについても、物申したいことはたくさんあるでしょうし。

痴情のもつれで民草が迷惑をこうむるというのは、中世以降のヨーロッパのほうが色々シャレになってなかったような。


ゲームでの戦国は、BASARAとか無双とかすっかりアクションが主流になってしまいましたが、
FEやスパロボみたいなノリのシミュレーションとかももっと出ないかなぁ。
Posted by 白川嘘一郎白川嘘一郎 at 2009年11月14日 10:05
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。