れとろげ。

ファンタジー風創作小説『ようこそ麒麟亭へ』

2009年10月28日

満月ポン.co.jp


「関西でしか食べられないもの」として、
以前、醤油だしの天津飯551の豚まんについて書いたのですが、
先日またひとつ発見しました。

それは「満月ポン」。

小麦粉の生地に圧力をかけ膨らませて焼き上げた、
サクサクとして軽めの食感と、香ばしい醤油の風味が特徴のせんべいです。





それほどしょっちゅう口にするようなものでもないのですが、
「そう言えば、東京に来てからあまり見かけないから食べてないなぁ」
と思って探してみても、
大き目の菓子問屋さんなんかにすら置いていません。
関西ではスーパーとかで普通に売ってるのに。

調べてみると、どうやら大阪の老舗会社でしか製造していないようです。
関東でも、アメ横の二木の菓子など、一部では手に入るようですが……。

そんな状況なので、メーカーの公式ホームページも、地味でひっそりやってるのかと思ったら、
これがまた予想を超えてFLASHとかバリバリ
全16話に及ぶ『ポンちゃん物語』に壁紙やミニゲームなど非常に充実した作りのサイトで、
もちろんオンライン販売も完備。

今や駄菓子もネットで買うほうが手軽なのかと、
なんだか複雑な気分であります。


同じカテゴリー(地下牢のグラフィティ)の記事画像
ぼくと契約して、『れとろげ。』を買ってよ!
DyDo復刻堂ヒーローズ缶
神の雫:クッピーラムネ
人はパンなしで生きるにあらず
本日解禁:サントリー新ドリンク
ヒwi比er
同じカテゴリー(地下牢のグラフィティ)の記事
 ぼくと契約して、『れとろげ。』を買ってよ! (2011-03-22 13:02)
 今そこにある危機より先にある破滅 (2010-07-07 13:16)
 DyDo復刻堂ヒーローズ缶 (2010-02-08 12:06)
 神の雫:クッピーラムネ (2010-01-30 10:45)
 人はパンなしで生きるにあらず (2010-01-27 19:26)
 本日解禁:サントリー新ドリンク (2010-01-19 19:07)


この記事へのコメント
それ、わかります!
私は中に砂糖のシャリシャリした壁のあるウイスキーボンボンが大好きなのですが、いまや通販でしか手に入らなくて泣けてきます…。前は、フツーにデパ地下とかにあったのですけどね〜…。
食べたい時に、すぐに買えない辛さ!
Posted by みつまめ at 2009年10月28日 23:08
地域限定のご当地ものって、たまに食べたくなるんですよね。
北海道限定のやきそば弁当や、全国展開されていたものの、東北限定になってしまったバゴォーンなんかもそれに当たりますね。
東北の大学に通っていましたので、学生時代が懐かしく感じます。

ところで、今日はドラフトワン公国の公位継承1周年の日ですね。
おめでとうございます。
Posted by 市藤勇美 at 2009年10月28日 23:15
えぇこれ東京にないの?
つか オンライン限定商品とかあるし。
しかも6袋から販売って…強気やな。

買おうかな。
Posted by ぼやちゃん at 2009年10月29日 13:24
駄菓子か~
インターネットで買えるようになっていたとは・・・便利な世の中になったと思います。
その反面、その駄菓子を扱う駄菓子屋がどんどん無くなっていくのが悲しいですが(;-;)
あ!ドラフトワン公国公位継承1周年おめでとうございます(^0^)
Posted by カビゴン at 2009年10月29日 19:52
>みつまめさん
同様の感想がネット上にもありましたが、
モロゾフのも中がジャリジャリしてるらしいですよ。

>市藤さん
都落ちした焼きそばバゴォーンが東北で生き延びていたというのが驚きです。
源義経みたいですね。
カップ焼きそばって、意外と地域差が激しいですよね。
関西では、少し前までUFOがスタンダードで、ペヤングなんてどこにも売ってませんでしたし。

>ぼやちゃん
全然ないです。まとめ買いして送ってください。送料無料で。

>カビゴン
駄菓子屋は子どもの社交場でしたしね。
最近の子どもは時々歩道の真ん中でカードゲームに興じてたりして困りますが。
Posted by 白川嘘一郎白川嘘一郎 at 2009年10月30日 11:11
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。