れとろげ。

ファンタジー風創作小説『ようこそ麒麟亭へ』

2009年10月16日

ちょっとヤバくなってきた? 日本ゲーム業界


「今年の2月に、私はこのブログにおいて
 『本当はヤバくない日本ゲーム業界』と題して色々と書いてきたが、
 それから半期を経過して、状況がどのように変化したか見てみようと思う」




 「というわけでまた久しぶりに出番だよっ。


2009年度上半期のゲーム市場規模は前年度同期比10.5パーセント減
http://www.famitsu.com/game/news/1228077_1124.html


エンターブレインは2009年度上半期(集計期間:2009年3月30日~2009年9月27日)の国内家庭用ゲーム市場規模を2137.8億円と発表した。これは2008年度上半期(集計期間:2008年3月31日~2008年9月28日)の2388.7億円の89.5パーセント(前年度同期比10.5パーセント減)に当たる。ハードの市場規模は808.6億円(前年度同期比15.1パーセント減)で、ソフトは1329.1億円(前年度同期比7.5パーセント減)。ともに前年度同期の数字を下回る結果となった。


   このニュースを見て、あわてて言い訳しようってわけだね! 」




「まぁ、ちょっと黙って聴きなさい。

 3月末から9月末というこの集計期間を見れば、
 400万本を出荷したあのドラゴンクエスト9が、当初は3月・後に7月発売予定となったことを受け、
 多くのタイトルがこの時期の発売を避けたということの影響があるのではないかと考えられる。

 比較対象の昨年度上半期は、
  『モンスターハンターポータブル 2nd G』『ポケットモンスター プラチナ』『マリオカートWii』
 年間売上でベスト5に入ったダブルミリオンタイトルのうち3本が上半期に発売されているし。



 「なるほど。でもどんな要因があったって
    とりあえず10.5%減っていう数字は事実じゃん?」





「そうだね。では、こういう数字はどうかな?


2008年の年間ゲーム市場規模は、ハードとソフト合計で約5826億1000万円。これは2007年対比で84.7パーセントの数字となっており、昨年と比べて市場規模が減少するという形になった。エンターブレインではこの減少について、据え置きハードの市場で新世代機の普及がひと段落したことが要因であると分析している。
http://www.famitsu.com/game/news/1221045_1124.html



 「去年も前年比で16.3%も減少してたの!?
    大変だ、ゲーム業界はもう終わりだ!!」





「落ち着きたまえ。続いてこれだ。



「ファミ通」を出版するエンターブレインが10日発表した2006年のゲームソフトとゲーム機本体を合わせた国内家庭用ゲーム市場規模は、ニンテンドーDSの大ヒットを受けて売上高が前年比37.6%増の6258億円と、1997年に記録したピーク5332億円を大幅に塗り替え過去最高を更新したそうです。
http://www.inside-games.jp/article/2007/01/11/19850.html


 2008年1月7日、エンターブレインは、2007年の国内家庭用ゲーム市場に関するデータを発表した。発表によると、2007年の国内家庭用ゲーム市場規模は約6876億6000万円。これは過去最高の数字となる。なお、集計期間は2007年1月1日~2007年12月30日。
http://www.famitsu.com/game/news/1212867_1124.html





 2005→2006で37.6%増
 2006→2007で10%増



 つまり、ここ数年のゲーム市場は、次世代機の登場と携帯ゲーム機の普及によって空前絶後の増進を遂げた。
 そのピークが一段落して、ゆっくりと安定ラインに戻ってきたということなんだよ。

 ちなみに、比率の単純計算でドンブリ勘定してみると、1.376×1.1×0.847×0.895で、
 2005年から比べると、今年の市場はおよそ1.14倍(14%増)という計算になる」



 「……へー、そうなんだ。
    数字って、見方によって全く印象が変わるから怖いね」




「もっとも、どんな要因であれ、いちど拡大した市場が縮小するというのはダメージをともなうから、楽観視はできないけどね。
 あと、世間はこんなふうに好意的に見てくれないし、いかにもゲーム産業が衰退しているかのように吹聴する。
 まったく、いいとばっちりだよ。


 上に挙げた記事中にもあるが、
 WiiやPS3が登場する以前のゲーム市場のピークは、1997年に記録したピーク5332億円。

 この1997年というのがどんな年かと言うと、
 『FF7』の発売で初代プレイステーションが大ブレイクし、 それ以外にも、

  『I.Q』 『 みんなのGOLF』 『グランツーリスモ』 『Moon』
  『サガ フロンティア』 『FFタクティクス』 『カルドセプト』
  『スタンバイSay You!』 『マリーのアトリエ』 『風のクロノア』
  『ブレス オブ ファイアIII』 『リアルサウンド~風のリグレット~』


 といった数々の名作が発売され、ゲーマーたちにとって“黄金の年”と記憶される革命的な1年間だったんだよ」



 「いくつか変なのも混じってる気がするけど、そうそうたるラインナップだね。
    これがぜんぶ同じ年に発売されたってスゴイな」




「その黄金の1997年や、PS2全盛期の00年代前半の市場規模より。
 世界的不況に晒された2008年度のほうがまだ上回っている。

 今年のニュース記事の数字だけ見てしたり顔で発言するアナリストや、
 『最近のゲームはつまらなくなったから昔より受け入れられなくなった』とか言う連中がどれほど滑稽かわかるだろう。

 中小メーカーのタイトルの売上本数が落ち気味なのは、
 趣味の細分化と、所持ハードの選択肢が増えたことで、
 パイを取り合う形になってるからだと思う」



 「ファミコンが爆発的に普及した後、
    PCエンジンやメガドライブやスーパーファミコンで
    それぞれジャンルやユーザー層が拡散・細分化していったのと似てるのかな」




「そのころと違ってメーカーを悩ませてるのは、開発費の高騰だろうけどね。

 あと、販売戦略という面から見ると、消費者のゲーム雑誌離れが進んで、
 公報の場がネットに移ったこともあるかな。

 自分の嗜好に偏らず、幅広く手軽に情報を得るには、
 まだまだ紙媒体メディアも捨てがたいはずなんだけど」



 「あー、ネットにつないでわざわざ公式サイト見に行くのなんて、
    もともとそのソフトに興味があって「ひょっとしたら買ってもいいかも」と思ってる人だもんね。
    知名度の低いメーカーやタイトルは不利だよね」




「だから最近は、あえてバナーや画面写真をフリーにして、
 一般ブロガーから応援を募ったりする例が増えてきてるけど、
 こういうやり方が浸透していけば、また変わるかもしれない」




 「じゃあやっぱり日本のゲーム業界はヤバくないってことでいいの?」



「いや……前回の記事の時点で読み違えていたのは
 選挙で民主党がここまで勝つとは思ってなかったのと、
 誕生した新政権の中身が予想をはるかに越えてアレだったことかな。

 色々あるけど、とりあえず業界的には亀井静香金融相(国民新党)のいわゆるモラトリアム宣言、
 『中小企業等救済の借金返済猶予策』が特にヤバイと思われる」



 「え、それがどうしてヤバイの?
    借金返済を待ってくれるならいいことじゃん?」




返してくれないとわかってるのに新たに貸すバカがどこにいるんだよ。

 先月から、銀行がまた中小企業に貸し渋りを始めている。
 業績が安定してるところでも関係なし。
 ゲームメーカーなんてやっぱり他業種に比べればバクチ性が高いし、
 原価の大半が人件費だから、削ったりツケにしたりというわけにもなかなかいかないし、
 1本ソフトが世に出るまでは全く収入無いし、資金が借りられないと、かなりキツイだろう。


 まぁ、けっきょくこの愚策はあちこちから袋叩きにされて事実上撤回になりそうな雰囲気だけど、
 それ以外にも年越しに向けて景気が悪化する地雷要素がてんこもりなので
 気を付けないといけないね。

 とりあえず我々にできる確実な対策としては、年末は地元に帰ってゲームを買え、ってことかな」



 「んー、オススメは?」



これかな。



 公式サイト ⇒12/3発売
 メーカーTOPページ ⇒11/19発売
 今週号のファミ通 12/17発売

 となっていて、本当はいつ発売されるのかわからないというミステリアスな作品だよ。


 あと、EAが『わがままファッション ガールズモード』にインスパイアされて発売する
 『チャーム ガールズ クラブ』(12/10発売予定)とか。





 「今年の冬もキラータイトルぞろいだねっ!」




同じカテゴリー(本当はヤバくない日本ゲーム業界)の記事画像
ゲーマーたちへの愛と業(後編)
ゲーマーたちへの愛と業(前編)
番外:日本が抱える借金?
本当はヤバくない日本ゲーム業界(下の2)
本当はヤバくない日本ゲーム業界(下の1)
本当はヤバくない日本ゲーム業界(中)
同じカテゴリー(本当はヤバくない日本ゲーム業界)の記事
 ゲーマーたちへの愛と業(後編) (2009-06-25 18:33)
 ゲーマーたちへの愛と業(前編) (2009-06-22 17:58)
 番外:日本が抱える借金? (2009-02-13 16:15)
 本当はヤバくない日本ゲーム業界(下の2) (2009-02-04 19:07)
 本当はヤバくない日本ゲーム業界(下の1) (2009-02-02 18:47)
 本当はヤバくない日本ゲーム業界(中) (2009-02-01 00:05)


この記事へのコメント
ヨドバシカメラのゲーム発売日(平日)の行列を見ると、衰退してるとはあまり思えないです。
それより、私が欲しいソフトが即効売り切れるという事態を解消すべきです。
Posted by JEG at 2009年10月20日 19:36
マイナータイトルの初回生産数はどんどん厳しくなってますからねぇ……。
数が少ないから店頭でも目立たなくなり、売れなくなるという悪循環。

ダウンロード販売との共存で、なんとかこのへんの問題が解決できればいいのですけど。
Posted by 白川嘘一郎白川嘘一郎 at 2009年10月21日 10:39
あと、お店側から見ると、
ゲーム関連のバイヤーさんの発注方法が明らかにおかしい、
と言うのもたまーに見かけますね・・・

在庫抱えたくないと言うリスクはわからんでもないのですが、
「その抱え方はちょーっとおかしいんじゃないの?」
と言う発注数を毎度抱えて、で、年末年始の損切りで大放出とか

逆に「超初動タイプ」の場合は、初回にある程度の数用意しておいて、
って欲しいんですけれどもね

ゲーム経験があるのかどうかが疑わしい人が
昨今はバイヤーをやっているんじゃないかなぁ・・・
と言う物流側の現状がちょっとだけ気になったりも
Posted by みゅうま at 2009年10月23日 05:10
今は、ゲーマーであっても全ての機種・全てのジャンルの売れ筋を把握するのは至難ですからねぇ。

でも確かにゲーム業界は、ソフトの中身云々以前に
まだまだ売り方に雑な部分が多いですよね。
Posted by 白川嘘一郎白川嘘一郎 at 2009年10月23日 10:43
日本のゲームは面白くないからここ数年は洋ゲーにはまってますが 洋ゲーには将来性がある 日本人は固定観念が強く自分等の価値観を変えようとしない これじゃ終わったわ。爆笑

それをゲーム系ブログに書き込むと書き込み制限かよ。爆笑
Posted by 世界の爆笑 at 2010年09月15日 18:31
日本のゲームだけを見ると買っても面白くないから他にお金を使ってるんですよ 日本には娯楽がたくさんあるから他にお金使う所はたくさんあるしね。爆笑

都会に住んでいる人と田舎の人とは娯楽の数が違うからゲームに依存している人ってのは今時 田舎の人くらいですよ。爆笑

日本のゲームは毎回 マンネリしてて同じシステム 昔のゲームですな。爆笑
日本人はいまだに海外ゲームに対するアレルギーが強く 未だに日本のゲームは世界一だと洗脳されている プライドだけは高い。爆笑

結局 携帯電話のゲームのラインナップにも負けている日本のゲーム。爆笑
Posted by 世界の爆笑 at 2010年09月15日 18:36
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。