れとろげ。

ファンタジー風創作小説『ようこそ麒麟亭へ』

2008年07月07日

織姫と黒星

戦うためには剣が要る。
 剣を握れば手が塞がる。
 ゆえに人は何も守れない。
 ただ、奪い、奪われるだけ。

 ひとつだけ、君が最後まで守り通せるものがあるとしたら、
 それは、手の中にあるその剣だけなのだ。


       ――『ウサギエル書』 第七巻3節


▼ こんばんは、負け犬です。
 負け犬は、負け犬小屋に帰って
 負けドッグフードを食べて眠ります。遠吠えをしながら。

 そんなとき、負け犬としての自分の犬種はなんだろう、と考えると少し気分が晴れるのです。

 僕は負けシベリアンハスキー。


タグ :暗惨ぶる

同じカテゴリー(ウサギエル書)の記事画像
ジレンマのないヤマアラシ
忘れものを、忘れてきました
賽ははるか昔に投げられた
枯山水、とれび庵
ゼンマイ仕掛けの魔法
同じカテゴリー(ウサギエル書)の記事
 ジレンマのないヤマアラシ (2008-12-19 14:18)
 忘れものを、忘れてきました (2008-10-30 19:00)
 破滅への転調とその音階 (2008-10-24 16:56)
 賽ははるか昔に投げられた (2008-07-26 22:32)
 枯山水、とれび庵 (2008-07-16 16:57)
 青い鳥にまつわるいくつかのFAQ (2008-07-05 12:00)


 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。