れとろげ。

ファンタジー風創作小説『ようこそ麒麟亭へ』

2009年09月01日

裸の王様物語


祝・政権交代!!
民主党がさっそくやらかしてくれそうですね。



時事ドットコム:09年度補正予算を執行停止へ=概算要求も見直し-民主
http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=eco_30&k=2009083000622
補正組み替えは年明け 民主、秋の国会は執行停止のみ - 47NEWS
http://www.47news.jp/CN/200909/CN2009090101000076.html



2008年、世界的な経済危機が起こり、一刻も早く手を打たねばならない状況で、
審議拒否(“反論”ではない)によって経済対策をどうしようもなく遅らせただけでは飽き足らず、
年が明けてからやっとこさ通った補正予算案を、秋から来年にかけて組み直すそうです。


当然、予算の中に組み込まれていた、

中小企業への雇用支援や、
インフルエンザのワクチン開発、エコカー減税
医療や地方への支援金


などのお金が、来年度まで出なくなりそうです。
(来年になっても出る保証は無い)



まぁ何ですかね、
自民党も、解散前後の内部の足の引っ張り合いとか見るに耐えませんでしたし、
どこかで膿を出さないといけなかったとは思いますが、
時期と譲る相手と結果が、極端に最悪すぎます。
(肝心のうさんくさい古狸たちに限って生き残ってたりするし)

民主党の若手の中には、かなりマトモで、好感度の高い人もいるのですが、
けっきょく政党としては支持母体の言いなりになるしかないという現状が
わかっている有権者がどのぐらいいるのか。



ものすごく大ざっぱに言いますと、自民党は経団連と結びつきが深い、
すなわち企業経営者サイドから多くの支持を得ており、
対する民主党の支持母体は、自治労・日教組など労働組合系の団体なわけです。

だから企業に金など渡さず、子ども手当てなどで直接労働者に渡せ、と。



私自身も末端の一労働者として日々搾取される身でありますし、
本来、消費活動が最も活発であるはずの20~30代労働者に充分な所得が回らない限り、
不況も少子化も解決しないと思っていますが、

しかし現代の世の中は資本主義で動いているため、
まず企業が儲かって得をする構造になっていないことには、
そこで働く労働者たちも生きていけないのです。




極端な比喩をすれば、動物園のゾウやキリンたちに、園の運営を任せるようなものです。
「楽してお腹いっぱい食べたいから、入園料を値上げして一日のエサ代を増やそうぜ!」なんてやってたのでは、動物園自体が潰れて路頭に迷うことになるでしょう。


そもそも、経済危機を乗り切るためにわざわざ国債増やしてまで組んだ臨時の補正予算、
その分をそのまま子ども手当ての財源にするってのは、ちょっと間違ってやしませんか?
子ども手当てで何万円か貰える代わりにお父さんが失業、なんてシャレになりません。





あと、以前にこのエントリでも書いた『日本の借金』とかいうものを取り上げて、
「自民党は借金を増やしまくった悪い政権! 民主党は借金を減らします!」などと相変わらず喧伝してみたりもしていますね。

(高度経済成長時代を築いたのがその“借金”の恩恵であることや、
 昨年度を除いてすでに減少ペースに入っていたことはスルー)



しかし、戦後から脈々と福祉や公共事業に使われてきた国債を
これから数年間で抜本的改革をしようというのはすなわち、

過去の世代から、将来生まれてくる世代のために使われてきた分のお金を
「いま目の前にいるお前らだけの負担で清算するわ」
と言われてるのと同じだと思うのですが、

なぜこのような、甘言や詭弁にすらなっていない、直球の『負担増やすよ宣言』
喜んで支持する人がいるのか、本当に不思議です。


「日本を立て直すためなら、どんな理不尽な重税でも耐えてやるぜ!」

という、素晴らしい愛国者の方々ばかりなのでしょうか。
自分の生活で手一杯な私からすれば恥ずかしい限りです。




さて、国と政治と言えば、
今週発売されるWiiソフト『王様物語』ですが。



裸の王様物語
(c) 2009 Marvelous Entertainment Inc.

「売れない」「バグが多すぎ」などと言われつつも、
ここ最近のマーベラスプロデュースの作品は、
気合の入った良作ぞろいでけっこう好きなんですが

『ルーンファクトリー』みたいな感じの世界だと思って期待してたら
予想以上にほのぼのメルヘン寄りと言うか、どうぶつの森的と言うか……

でもこのキャラとかが気になるので、買おうかどうか迷っています。


裸の王様物語


UFOにアブダクられた過去を持つ、異国の女子高生風お姫様。
斜めに40度上空を凝視しつつ、ミステリアスな事をつぶやく。
いつも謎のタマゴを抱えていて、手放したことがないという。




同じカテゴリー(ゲーム)の記事画像
『コロぱた』おつかい009-015
クリスマスイブ=キリストビギンズナイト
DS『コロぱた』体験記
DS 『Wizardry 生命の楔』
またまた脱衣SRPG
戦場のハレンチ学園
同じカテゴリー(ゲーム)の記事
 『コロぱた』おつかい009-015 (2009-12-26 21:46)
 クリスマスイブ=キリストビギンズナイト (2009-12-25 01:42)
 DS『コロぱた』体験記 (2009-12-07 21:45)
 DS 『Wizardry 生命の楔』 (2009-11-27 02:32)
 またまた脱衣SRPG (2009-11-04 19:39)
 戦場のハレンチ学園 (2009-11-01 23:06)


Posted by 白川嘘一郎 at 18:40│Comments(6)ゲーム
この記事へのコメント
INDEX2009やマニフェストに書かれているある政策が、“真の支配者様”への手土産となり、“真の支配者様”の覚えが目出度かったから今回は勝てたと言う事もあるでしょうね。
実際、郵政詐欺選挙の頃の民主党は、“真の支配者様”に逆らうような政策ばかりを出していましたが、今回は“真の支配者様”へのご機嫌取りが上手く行きましたからね。
ともあれ、我が国の国民は民主主義政治を出来るレベルではありませんね。

>「いま目の前にいるお前らだけの負担で清算するわ」
これは小泉・安倍時代に与党の政策として挙がっていた案件ですね。
小泉時代以上の地獄になる事はほぼ確定でしょう。
しかし、その張本人である小泉の後継者を当選させる、神奈川11区の民度は素薔薇しすぎます。

>斜めに40度上空を凝視しつつ、ミステリアスな事をつぶやく。
これは想像の遥か斜め上を行く、新政権に対する皮肉なのかとついつい邪推してしまいますが、そんな事はありませんよね。
ええ、決してないと思います(w
Posted by 市藤勇美 at 2009年09月01日 21:40
どの政策方針にも一長一短はあるもので、だからこそ審議を重ねてより良い結論へと止揚するのが国会の役割だと思うのですが、
いまや数の暴力による独裁政治ですからね。

与党も野党もお互い結論ありきのオールオアナッシングで、
勝った負けたの報道しかされないここ最近の現状は本当に異常だと思います。
Posted by 白川嘘一郎白川嘘一郎 at 2009年09月01日 22:40
マスコミ鵜呑みにする老人のほうが数が多いですから
Posted by M(仮名) at 2009年09月01日 23:36
高齢化社会においては、たとえ投票率を上げたところで
若い世代の意見は封殺されてしまうしかないんですかね。
Posted by 白川嘘一郎白川嘘一郎 at 2009年09月02日 10:26
前日投票中に「4年後に収入の15%税金取る」なんて表立って発表されたにもかかわらずこの結果…(後出しジャンケンですが)。
いくらマゾ国家の一国民とは言え、喜びの見出せない苦痛はただの激痛でしかありません。

>高齢化社会においては、たとえ投票率を上げたところで
>若い世代の意見は封殺されてしまうしかないんですかね。

親を含めた、周りの高齢者達から聞いた意見をまとめると、

「一度自民以外にやらせた方がいいんだよ、全く分かってないねぇ」
「麻生が漫画好きだからってコレだからオタクは」
「民主が最悪だったとしても、どうせ老い先短いからどうでもいい」

まぁ今までが期待の持てない政治だからなのは分からなくもないですが、政策云々について論じる方は殆ど居ませんでした。
今回の選挙で多く投票されているだろう所謂団塊の方々は、(周りの話ですが)殆どがこんな考えで投票したのかと思うと怒りよりも哀しさが込み上げてきます。

長々と駄文、失礼しました。
Posted by マシンオー at 2009年09月02日 21:30
 民主党は2日、衆院選のマニフェスト(政権公約)に掲げた「子ども手当」の制度創設のための関連法案を今秋の臨時国会で成立させる方針を固めた。制度を来年度当初からスタートさせ、実際の支給は来年6月ごろとする。子ども手当とセットで実施する可能性もあった配偶者・扶養控除の廃止については切り離して実施する。来年7月の参院選前に目玉政策の子ども手当を実現して、新政権の成果を示すとともに、国民に負担を強いる控除カットは後回しにして参院選を有利に戦う狙いがある。
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090903/biz0909030146000-n1.htm

定額給付金のとき、民主党とマスコミは「選挙目当てのバラマキ政策だ」と言って批判してましたよね……
あげく、年末の大事な時期を逃し、金額も中途半端に。


15%というのは年金のことで、会社員の場合は今までどおり企業と折半らしいので、
そこまで大幅アップにならんとは思いますが、
いずれにせよ現段階で民主党が言ってることはまったくアテにならんですな。
最終的にはけっきょく、実務のプロである官僚が調整するでしょうし。
Posted by 白川嘘一郎 at 2009年09月03日 10:13
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。