れとろげ。

ファンタジー風創作小説『ようこそ麒麟亭へ』

2008年07月05日

青い鳥にまつわるいくつかのFAQ


■「青い鳥は自分が飼ってました。」 めでたし。めでたし。

□ そんな事もありましたが今はカゴはからっぽです。

■「青い鳥は、あなたの遥か後ろで死にかかってた。」

□ そうかもしれません。
 あまりにも多くの物に気づかず通り過ぎてきてしまいました。

■「青い鳥はあなたの心の中に住んでいます。」

□ では将軍さま、私がこの縄で捕らえますから早く青い鳥を心の中から追い出してください。

■「青い鳥はあなたの手を離れ元気に羽ばたいてます。」

□ それは良かった。
 いつか空から一枚の青色の羽根が舞い落ちてきたとき、そのことを思い出すでしょう。

■「青い鳥は様子を窺っている。」

□ 泣かぬなら殺してしまえ青い鳥。

■「青い鳥を捕まえたと思ったらただのカラーヒヨコでした。」

□ そのヒヨコがやがて成長し青い卵を生まないとは、誰にも断言できないのです。


       ――『ウサギエル書』 第一巻64節



 私の青い鳥ですが、少し臭味があるものの美味しかったです。

 しょせん幸福なんて、明日を生き抜くための一時のカロリー。



同じカテゴリー(ウサギエル書)の記事画像
ジレンマのないヤマアラシ
忘れものを、忘れてきました
賽ははるか昔に投げられた
枯山水、とれび庵
ゼンマイ仕掛けの魔法
同じカテゴリー(ウサギエル書)の記事
 ジレンマのないヤマアラシ (2008-12-19 14:18)
 忘れものを、忘れてきました (2008-10-30 19:00)
 破滅への転調とその音階 (2008-10-24 16:56)
 賽ははるか昔に投げられた (2008-07-26 22:32)
 枯山水、とれび庵 (2008-07-16 16:57)
 織姫と黒星 (2008-07-07 19:19)


この記事へのコメント
おわっ、早くも本日2度目の更新ですか!
ハイペース過ぎてなんだか不安になってしまいます(笑)
どうか無理はなさらぬよう、ご自愛くださいませ。
Posted by まつろう at 2008年07月05日 13:20
まぁこれもコピペなんですけどね。
しかも時間差で公開されるように前もって仕込んであるだけだったりします。

いま〆切や打ち合わせが詰まってて大変なので、一段落するまでこの手法で乗りきる予定。

来週はP4も出るし。
Posted by 白川嘘一郎 at 2008年07月05日 13:57
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。