れとろげ。

ファンタジー風創作小説『ようこそ麒麟亭へ』

2009年07月03日

『もえほん紅版 ももたろう』

以前取り上げた「もえほん」
その第1弾が先月末に発売されました。
注文していた実物がようやく届いたのでご紹介しましょう。





オビには、


大人になった貴女。もう絵本も昔話も素直に読めない貴女。
そんな貴女のために、新しい昔話を用意しました。
きっと今の貴女には昔話がこう見えているはずです。



本を開けて扉の下には、


この絵本には多大なフィクションが含まれています。
シーンによっては原作とのギャップが強くなっておりますので、
想像力をフル活用してお楽しみください。




そんなにハードル上げられても、こっちはもともと跳ぶ気はないのですが、
これだけ前フリされると、否が応でも期待せざるを得ません。
ドキドキしながらページをめくると……
そこには想像以上の光景が!

『もえほん紅版 ももたろう』

おじいさんとおばあさん……だと……!?

しかもおじいさんってば、ムチなんか持ってドSですやん。
これじゃ、花咲か爺さんとかの隣に住んでる方だろ。
いや、それにしたって色々オカシイけども。

こんな人が刃物持って山をうろついてたら、誰も柴刈りだとは思わないでしょう。

一方、おばあさん(?)は、行き倒れていたショタ属性のももたろうを拾って一緒に暮らすことに。
なんやかんやで鬼退治に向かうことになったももたろう。
魔法陣から3人の使い魔を召喚して主従の契りを交わし、
鬼が島に向かいます。
あとなぜかおばあさん(?)も一緒についてきています。


『もえほん紅版 ももたろう』


そこで見たものは……。


『もえほん紅版 ももたろう』

ちょっと見づらいですが、右端に注目。
鬼たちを従えていたラスボスはなんとドSおじいさん
やはりタダの善良なおじいさんではありませんでした。何やってんのアンタ。


果たして、おじいさんとおばあさんの歪んだ愛の形はむくわれるのか?



……まぁこんな感じで、中途半端に小賢しいアレンジを加えたりせず
堂々と「これはももたろうです」と言い張る男らしさが、たいへん好感が持てますね。

背表紙だけ見ると、ごく普通の「ももたろう」の絵本に見えますので
本棚に並べておいても安心です。

もっとも、普通の本棚の中に1冊だけ絵本があったら違和感バリバリですし、
遊びに来た親戚の子供とかに持ち出されても責任は取りませんが。



ちなみに男性向けの「もえほん白版」シリーズもあるのですが、
そちらは初音ミクのキャラクターデザインで知られるKEI氏が描かれています。





第二弾は「さるかに合戦」を予定。
またいかにもドSな男子が出てきそう。




あ、本日発売の『GAMESIDE』もよろしく。
公式サイトもリニューアルしました。






同じカテゴリー(漫画・アニメ)の記事画像
『まどか☆マギカ』最終回
パブー×コミPo! 漫画コンテスト
マンガ描く部Re-Take #4
マンガ描く部Re-Take #3
マンガ描く部Re-Take #2
コミPo!でマンガを描いてみた
同じカテゴリー(漫画・アニメ)の記事
 『まどか☆マギカ』最終回 (2011-04-22 13:33)
 たのしいなかまが ぽぽぽぽーん (2011-03-27 19:39)
 パブー×コミPo! 漫画コンテスト (2011-03-16 20:00)
 マンガ描く部Re-Take #4 (2011-02-25 20:00)
 マンガ描く部Re-Take #3 (2011-02-14 22:15)
 マンガ描く部Re-Take #2 (2011-02-07 20:39)


この記事へのコメント
こ・・こいつは。
想像以上のシロモノですね。
おばあさん(?)がついて行くわ
魔方陣出るわ・・・

ちょっと欲しくなったw
Posted by くーりっじくーりっじ at 2009年07月03日 21:36
コイツはとんでもないですね。
私たちの想像を上回る破壊力です。
同じく、ちょっとだけ欲しくなりました(w
Posted by 市藤勇美 at 2009年07月04日 01:09
心の中の金を出してまでは買いたくないけど貰うと嬉しいものリストに
追加しておきます。嬉しいのか。
Posted by 無双 at 2009年07月04日 19:34
>くーりっじさん
1ページ目からやられましたよ。
と学会に推薦してみようかな。


>市藤さん
絵も紙もそれなりに上質ではあるんですが、
やはりこの内容でこの値段はちょっと高いですね。
1500円ぐらいに抑えるか、あるいは装丁をとことんゴージャスにして2500円ぐらいにするか。
今のままだと中途半端な気がします。


>無双さん
私もそんな感じなのですが、こんなもの誰もくれないのはわかりきっているので
やむなく自腹で。
Posted by 白川嘘一郎白川嘘一郎 at 2009年07月04日 22:06
この突き抜けた感じ、嫌いじゃないですわ~。ただお値段が…。
Posted by ケビンコナスケビンコナス at 2009年07月07日 08:41
土日にアキバと池袋で発売記念サイン会があったようですね。
行けばよかった。
Posted by 白川嘘一郎白川嘘一郎 at 2009年07月07日 10:35
・・・・・・絶句
Posted by   at 2009年07月07日 22:54
いやー、でも乙女たちの脳内の妄想・変換能力というのは、
本当にこんな感じなんじゃないかと思います。

「男性はキャラクター性に萌え、女性はシチュエーションに萌える」ので、
男性向けのように萌え擬人化キャラを作らなくても
どんなものでも脳内で補完できてしまうんですよね。
Posted by 白川嘘一郎白川嘘一郎 at 2009年07月08日 10:25
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。