れとろげ。

ファンタジー風創作小説『ようこそ麒麟亭へ』

2008年07月26日

賽ははるか昔に投げられた

コインが決めるのは表と裏。
 ダイスが示すのは1から6の数字。
 面の数を増やすほど球体へと近づき、
 いちど転がせば容易には止まらない。

 瞬間ごとに無数の運命を生み出しながら回り続けるこの星の上で、
 どの目に何を賭けていくのか。
 結末の日がいつなのかも知らぬままに。


            ――『ウサギエル書』 第五巻5節

 

 私たちが子供の頃に思い描かされていたような、
透明のチューブの中をエアカーが走り、人々は銀色のスーツに身を包む、
そんな未来社会はやっては来ない。

 現在しきりに叫ばれている地球温暖化、
CO2を削減するにあたって究極にして最も単純明快な手段は、人間を減らして植物を増やすことだと思うのだが、
前者の手段はいろいろと問題があるので、残るは後者ということになる。


 百年後、一流企業や役所などのビルは壁一面をびっしりとツタで覆われ、
夏にもなれば色とりどりのアサガオなんかが咲き乱れ、それはもうファンシーなのだ。

 人々の間では帽子の脇にミニサボテンを飾るようなファッションが流行し、
車の屋根にはパンジーやタンポポが花開く。

 生まれ来る子供たちよ、これが君たちが迎える未来社会の姿なのだ。

モリゾー&キッコロ



用済み




同じカテゴリー(ウサギエル書)の記事画像
ジレンマのないヤマアラシ
忘れものを、忘れてきました
枯山水、とれび庵
ゼンマイ仕掛けの魔法
同じカテゴリー(ウサギエル書)の記事
 ジレンマのないヤマアラシ (2008-12-19 14:18)
 忘れものを、忘れてきました (2008-10-30 19:00)
 破滅への転調とその音階 (2008-10-24 16:56)
 枯山水、とれび庵 (2008-07-16 16:57)
 織姫と黒星 (2008-07-07 19:19)
 青い鳥にまつわるいくつかのFAQ (2008-07-05 12:00)


この記事へのコメント
これモリゾーとキッコロじゃありませんか!
何とも恐ろしい未来社会だ(w
Posted by 市藤勇美 at 2008年07月29日 12:18
まぁ、実はCO2は温暖化とは関係ないという説もありますがね。

しょせんエコなんてひとつのブームですから、
用済みになったらこんなものです。
Posted by 白川嘘一郎白川嘘一郎 at 2008年07月29日 13:36
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。