れとろげ。

ファンタジー風創作小説『ようこそ麒麟亭へ』

2009年02月13日

番外:日本が抱える借金?

「仕事に追われている間に、DQ9延期のニュースで騒ぎになっていたね。
 まぁ並の企業なら、クオリティに目をつぶってでも3月末の決算までに売るところが
 延期できるということはまだ余裕があるんだなー、と」


 「ドラクエが発売延期するうちは日本のゲーム業界は安泰ってことだね!」



「小売店は大迷惑だろうけどな。

 そんな一方で、マスコミが日本の危機を煽る定番ネタである“日本の借金”の最新データが発表されたので、
 今日はそれについて少し語ってみようと思う」


日経ネット:「国の借金」846兆円に 08年末、1人あたり663万円

財務省は10日、国債と借入金、政府短期証券を合計した「国の借金」が2008年末時点で846兆6905億円になったと発表した。
昨年9月末に比べ3兆4111億円増加した。

1人当たりの借金は、09年初時点の人口推計の1億2765万人で計算すると、約663万円に達した。

国の借金は四半期ごとに財務省が公表。08年3月末に過去最高の849兆2396億円に達した後、減少が続いていた。
しかし昨年10月に成立した08年度第1次補正予算で、経済対策の財源を確保するため国債を増発した影響で、再び増加に転じた。

内訳をみると、国債は9月末に比べ1兆3087億円多い681兆5656億円。
借入金も同2143億円増の56兆2470億円だった。

一時的な資金不足を補う政府短期証券は1兆8882億円増えて、108兆8779億円となった。




 「846兆円ってすごいよね。うまい棒が84兆6000億本買えるね」



「そんなに生産してないだろ。日本をうまい棒で埋め尽くす気か」


 「でも実際、それだけ莫大な借金を抱えてるんでしょ?」



「じゃあここでひとつ例題を出そう。
 Aさんには3000万円の借金があり、Bさんには300万円の借金があります。
 さて、ヤバいのはどっち?」


 「どっちって……10倍の借金があるAさんでしょ?」



「ではディティールを補足してみよう。
 Aさんは月収50万円の公務員で、このたび住宅ローンを組んで3000万円のマンションを購入しました。

 一方Bさんは月収10万円のフリーター。ブラックリストに載っていてアイフルやプロミスからはもう借りられないので、
 ポストにチラシが入っていた聞き慣れない名前の金融会社から300万円借りました。
 今月のバイト代は全てパチンコにつぎこんでしまい、返済期限は明日です」


 「Bさん逃げてー!!



「このように、重要なのは額面ではなく借金の性質なんだよ」

 「確かに、クレジットカードでの買い物や、銀行からの融資、
   車や家のローンも借金と言えば借金だもんね」




「日本人は借金と聞くと過剰なマイナスイメージを抱いてしまうけどね。
 その堅実さは長所でもあるんだが。

 この846兆の“借金”のうち、担保や資産の裏付けがあって、すぐ返済可能なものは550兆近くあると言われていて、
 それらを差し引いた純粋な債務はおよそ300兆円。これは GDPの6割にすぎず、西欧諸国と比べて高いわけではない。
 しかも記事中にもあるように、昨年後半の世界的金融危機が来るまでは、額も減少に転じ始めていた。

 さらにあと2つ重要なポイントがあって、まず1つ目は
 どこからの借金か? ということ」


 「Bさんもせめて知人や親戚に借りれば良かったのに……」



「Bさんの話はもう忘れていいから。まぁ、Bさんと本質的に大差ないようなやりくりをしてる国もあるけどね……。

 アメリカをはじめ多くの国は、国債を海外にも売っており、
 つまり外国に借金をしている状態。これらの外資が引き揚げれば、あとに何も残らないお金だ。

 しかし日本の国債や証券はほとんどが国内だけで賄われている。
 額も償還期限もバラバラなのだからそもそも全額一度に返さなければならない事態などはありえないのだが、仮にそうなったとしても、お金を返す先はどこだろう?
 
 そうなればつまり、日本の国民や企業や銀行の手元に莫大なお金が移動するだけの話で、
 国全体の豊かさは変わらないんだ。
 このあたりが、海外からの借金を自転車操業でしのいで現在ヤバいことになっている某お隣の国とかとは根本的に違うところ」


 「あぁ、なぜかマスコミが最近しきりに旅行先として勧めているあそこか」



「そしてもう1点、借金の目的と言うか、借りたお金の使い道ね。
 当然これは政府の予算として、税金と同じく社会福祉やインフラの整備なんかに使われるわけで……
 理想上では、形を変えているだけで結局は国民の利益に還元されるものなわけだ。
 
 例えるなら日本の借金というものの正体は、
 お母さんが子供のお年玉を「将来のために貯金しといてあげるから」と預かっているのに近いかな。
 
 だから、人口で割って『国民一人当たりいくらの借金』なんて言い方をするのは全くもって意味不明だわな。一緒の家計で生活してるんだから」
 
 
 「でもこのお母さんは時々、子供のお年玉を勝手に使って
    こっそり豪勢なランチを食べに行ったり、
    ヨン様のDVDやパンダのぬいぐるみを買ったりするので、
    そこは国民がしっかり監視して是正しないといけないよね!」




「まったくだね。
 借金があると言うならなおさら、いかに無駄遣いや利権を切り捨てるかということを追求しなければいけないと思うが、
 『こんなのとても返せない!日本はもう終わる!庶民は血の一滴まで搾り取られるんだ!ウギャー!』とだけ騒がれてもなぁ。
 
 そもそも国債や政府証券というものは、
 税金だけで全てを賄おうとすると庶民への負担が厳しいので、
 懐に余裕のある個人や企業や銀行の金庫に寝かされてるお金を投資してもらおうというもの。
 そういう形で、資本主義にとって最大の命題であるところの
 富の再分配に近いことを行っているのさ」


 「TVはちょっと前まで派遣社員を美化するドラマを放映してたかと思ったら
    舌の根も乾かないうちに派遣法を叩きはじめ、
    格差社会を批判する一方で、富の再分配を否定してるんだね!
    Bさんより頭悪いね!」

 

 
「一貫した左翼思想すら持っていないから始末が悪いよな。

 “日本の借金”という表現については、増税を正当化するために政治家が仕掛けているんだという説もあるが、
 何にしろ、そんな言葉のマジック(ただし暗黒魔法)ばかり使っていないで、
 どうせならこう言うべきなんだ。


   日本国民は国に対して846兆円もの貯金を預けている。
   政府はこれをもっと有効に運用しなければならない。

 
 とね」













《おまけ 『新サラリーマン金太郎』より》
本宮先生と言えば、以前南京事件の捏造問題でネット上で叩かれたりしていたので、
何となくメディア盲信派なのかと思ってましたが、
それをきっかけに、ミイラ捕りがミイラになってしまわれたんでしょうか。
やってくれたぜ本宮先生!


同じカテゴリー(本当はヤバくない日本ゲーム業界)の記事画像
ちょっとヤバくなってきた? 日本ゲーム業界
ゲーマーたちへの愛と業(後編)
ゲーマーたちへの愛と業(前編)
本当はヤバくない日本ゲーム業界(下の2)
本当はヤバくない日本ゲーム業界(下の1)
本当はヤバくない日本ゲーム業界(中)
同じカテゴリー(本当はヤバくない日本ゲーム業界)の記事
 ちょっとヤバくなってきた? 日本ゲーム業界 (2009-10-16 22:52)
 ゲーマーたちへの愛と業(後編) (2009-06-25 18:33)
 ゲーマーたちへの愛と業(前編) (2009-06-22 17:58)
 本当はヤバくない日本ゲーム業界(下の2) (2009-02-04 19:07)
 本当はヤバくない日本ゲーム業界(下の1) (2009-02-02 18:47)
 本当はヤバくない日本ゲーム業界(中) (2009-02-01 00:05)


この記事へのコメント
はじめましてっ!今回じっくり記事を読ませて頂きました。
自分は大学三年なのに、今まで全然経済を理解していませんでした
大変分かりやすい説明と読みやすい文章でとても良かったです
今後も度々見に来るのでよろしくお願いします
Posted by 浩然之気 at 2009年02月13日 19:30
はじめまして。私も専門ではないので頭から鵜呑みにはせず、
詳しくは専門の本とかを読んでください。

(わかる人はわかると思いますが引用したマンガも最後のコマだけ実は別人の絵だし……)
Posted by 白川嘘一郎白川嘘一郎 at 2009年02月13日 22:13
ドラクエ発売延期といえば、今日セブンイレブン行ったときに発売日がまだ変わってないドラクエ9予約中って書いてあるのぼりを見て寂しい気持ちになりました。

国の借金の額とか、ほんと数字のマジックって恐ろしい。
不安を煽るのも、多分そのとばっちりを受けて失業しちゃった自分にとっては大迷惑。
まぁ、仕事が殆ど某ゲーム機の部品でいきなり受注0になったからバブルでも首切られてたかもですが(苦笑)。

S〇E頑張れ、死ぬほど頑張れ(おい)。
Posted by テンショ at 2009年02月14日 02:45
そんなお仕事をされてたんですね……。

金太郎が「不動産業はもう古い!」とか言って突然IT業界に参入したりしないかなぁ。
Posted by 白川嘘一郎白川嘘一郎 at 2009年02月14日 10:27
お初にお目にかかります
バカゲー専科で馬鹿笑いさせてもらってからふと気になって検索してみたら大変勉強になりました。
仕事とFF11行き来する半ニートな自分ですがこれからもちょくちょく見させてもらいます。
Posted by Hattariyalow at 2010年06月15日 13:25
>Hattariyalowさん

はじめまして。
バカゲー専科とは昔の単行本のほうでしょうか?
それともゲーサイのほうでしょうか。

最近『れとろげ。』とかのほうにかかりっきりで
あまり更新できてませんが、
よろしくお願いします。
Posted by 白川嘘一郎白川嘘一郎 at 2010年06月16日 10:20
読んできました。
所々わからないネタもありましたが懐かしいネタをさり気無く使われててクスっとくるとこありますねw
ここ最近週刊誌でゼロ㊦ンしか読めない体質になってしまってたのでいい気分転換になりました。
Posted by hattariyalow at 2010年06月16日 13:20
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。