れとろげ。

ファンタジー風創作小説『ようこそ麒麟亭へ』

2010年07月07日

今そこにある危機より先にある破滅

さて、今度の日曜はいよいよ参院選ですね。

ネット上でも色々と騒がれていますが、
私は、マンガやアニメやゲームを愛する者として、あえて言います。


表現規制問題は投票の選択基準にすべきではない。


するとしても、その優先順位はきわめて低いです。

現状、アニメやマンガやゲーム業界のために何よりも最優先させるべきは、
『迷走する経済政策からの脱却』です。


現に私もつい先日、
ニッチな市場のごくマイナーなメディアではありますが、
10年近く活動してきた『ゲームサイド』誌という表現の場を失いました。
主に景気や経営上の理由からです。

表現うんぬん以前に、もはやその場所では一言も発することができないのです。

「表現の自由を守ったつもりが、実はメーカーや雑誌に引導を渡していた」
なんて笑い話にもなりゃしませんよ。



実際に、過去の事例を見てみましょう。

1955年
各地のPTAや「日本子どもを守る会」「母の会連合会」などを名乗る団体により、
悪書追放運動が起こる。その内容は校庭でマンガ本を焚書するという過激なもので、
その中には『鉄腕アトム』なども含まれていた。

1970年
永井豪・手塚治虫らのマンガ作品の中での女性描写が問題となり、一部の県では発禁となる騒動に。

1990年
前年の宮崎勤事件の影響を受け、再びマンガバッシングが起こる。
ロリコン・性描写のみならず、
「北斗の拳」や「ドラゴンボール」などの暴力表現も批判の対象となった。


etc、etc……

こうした事例を見てもわかるとおり、

この手の運動は、「そういう団体」が存在する限り定期的に沸き起こってくるものであり、
政治がどう変わったところでなくなるものではありません。

 (余談ながら明治の頃には、
  「最近の青少年は夏目漱石などの小説ばかりを読んで漢文を読まない」と、
  小説へのバッシングがあったとか)


そして、「そういう団体」が「子どもの人権」などと聞こえのいい言葉を掲げて押しかけてくれば、
簡単に門前払いはできないのが政治家というものです。

そもそも、社会の構造からして、
行政が、少数派である表現者サイドの肩を持つことなど
まずありえないに決まっているではありませんか。



さらに、こういう運動は、上の例にもあるように、
そもそも政治以外のルートからでも圧力をかけることが可能ということも忘れてはなりません。



では、どうすればいいのか。

業界自身が毅然と対抗する体制を整えることです。

戦う体制さえ出来ていれば、これまで何度も乗り越えてきたように、簡単には負けません。
しかしながら、経営のほうが不安定であれば、
そちらに充分な予算や労力を割くことができません。

上に挙げた55年と70年という年は、それぞれ神武景気・いざなぎ景気と呼ばれ
国内経済が飛躍的に増進した年でしたが、

対して、出版業界が自主規制にまで追い込まれることになった90年は、
まさにバブル崩壊により出版社なども大きなダメージを受けていた時期。

世相が異なりますので単純に比較はできませんが、
それが全く影響していないとは言えないでしょう。



本当にいま重要なことは何なのか、
アニメやマンガやゲームを楽しめる生活を守るためには何が必要か、
よく考えた上で投票していただきたいと思います。


同じカテゴリー(地下牢のグラフィティ)の記事画像
ぼくと契約して、『れとろげ。』を買ってよ!
DyDo復刻堂ヒーローズ缶
神の雫:クッピーラムネ
人はパンなしで生きるにあらず
本日解禁:サントリー新ドリンク
ヒwi比er
同じカテゴリー(地下牢のグラフィティ)の記事
 ぼくと契約して、『れとろげ。』を買ってよ! (2011-03-22 13:02)
 DyDo復刻堂ヒーローズ缶 (2010-02-08 12:06)
 神の雫:クッピーラムネ (2010-01-30 10:45)
 人はパンなしで生きるにあらず (2010-01-27 19:26)
 本日解禁:サントリー新ドリンク (2010-01-19 19:07)
 だが断る (2010-01-17 09:58)


この記事へのトラックバック
←のリンクがBLOG開設以来団長のページだけである事からわかるとおり、私はヨダレ団長の大ファンです。このBLOG自体、団長に触発されて開設したようなものですし。ですが、お互い人間な...
あえて団長に異論を述べる 表現の自由を優先する論理【北へ。の国から】at 2010年07月10日 03:16
この記事へのコメント
大変勉強になりました。
迷走する経済政策からの脱却
正に短文かつわかり易い表現っすね
政権与党や首相がコロコロ入れ替わってその時やっていた事が宙ぶらりんのまま放置されたりするなんてことがあったらそれこそ税金の無駄遣いですね。
色々書きたい事があるんですがまとまりませんw
とりあえず今御願いしたい事は1つ
前回の自分のコメントさくj(:D)<\_


因みに選挙はみんなの党か立ち上がれのどっちかに入れる予定です。
Posted by Hattariyalow at 2010年07月07日 19:20
我々はどうしても、今の生活が当たり前のように続くと考えてしまいがちですからね。
まぁ、私にもこの先どうなるかはわかりませんし、
案外何事もなく続いていくのかもしれないけど、
少なくとも、まず自分の生活と国の経済あってこそのマンガやゲームだろ、と。
Posted by 白川嘘一郎 at 2010年07月07日 21:02
>少なくとも、まず自分の生活と国の経済あってこそのマンガやゲームだろ、と。
まさにこれに尽きます。
ただ、この事をどれだけの候補者や有権者が理解しているのかは、甚だ疑問ではありますが。
Posted by 市藤勇美 at 2010年07月08日 00:47
「自○党にお灸をすえて懲らしめる!」とか、
「民○党なんてぶっ潰してやる!」とか、
そんなことやってる間に真っ先に潰れるのは
立場の弱い民間のほうですから! 残念!

……そういやあの人どこ行ったの。



まぁ、少なくとも誰よりも日本経済に危機感を持って
支持率目当ての選挙のタイミングより後のための経済政策を優先した総理を
メディアと有権者と党内派閥よってたかって総叩きで引きずり下ろしたあとですからね。
誰もやろうとしないのも当然ですが。
Posted by 白川嘘一郎白川嘘一郎 at 2010年07月09日 12:14
その引きずり下ろされた総理って阿◯さんか麻◯さんのどっちかですかね?
教育改革や戦後レジームからの脱却とかエコカー減税とかしてたのは読んだり見たりしたんですがそれとは別の政策ですかね?
もちっと勉強しないかんなぁ
Posted by Hattariyalow at 2010年07月09日 19:44
おつかれさまです
団長にあこがれてゲームライターで食ってる自分には
ゲーサイ休刊はみにつまされるというか
就活しなきゃ! 五年くらいまえに!
って感じで不思議な汗が出ます。

政治の話は、しないけど投票には必ずいってますよ
この業界、行ったことすらない人も多くて頭いたくなりますが
Posted by でらめた at 2010年07月10日 11:29
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。