れとろげ。

ファンタジー風創作小説『ようこそ麒麟亭へ』

2009年10月13日

ポッカ・謎の男

一時は熱が38℃以上あったりして、いちおう病院に行ったりもしましたが
新型どころか別にインフルエンザでも何でもなく、
流行り廃りに流されない男の面目躍如といったところか。


そんなこんなで、メガテンSJをやりながら電車に乗っていたら、
10/8からリニューアルされたという『ポッカコーヒーオリジナル』の中吊り広告が目に付いた。






缶コーヒーを商品化したのはこのポッカが世界初だそうだが、
そんなことより、パッケージの男に何があったのか気になって仕方がない。
時間を逆行しているようにも見える。

メーカーのサイトのほうでも、

1987年、
 (中略)
また、男のモミアゲが短くなりました。


とかいちいち解説してあるのがツボ。


あと、コンビニとかでは、
キン肉マン夢の超人タッグ編オリジナルフィギュアが付いてくるらしい。
  


Posted by 白川嘘一郎 at 13:22Comments(5)地下牢のグラフィティ

2009年09月25日

走れ、高速の



最近話題となっている高速道路無料化
渋滞がどうの利権がCO2がどうのとか以前に、
もっとシンプルかつ深刻な問題があると思うのですが、
なぜかTVなどで取り上げられるのをほとんど見かけません。


その問題とは、いわゆる走り屋や珍走団といったグループが大量に流入してくること。

信号を気にせず、スピードを出してブッ飛ばせるサーキットが
24時間無料で完全開放されるわけですから、
秋葉原でゲーセンやマンガ喫茶を無料化するようなもんです。

一体どうなるかは車に乗らない俺でもわかるぜ……
熱いのは…俺たちのDRIVING……!


政治家やお役人や、メディアの評論家みたいな人々の金銭感覚では
1000円でも0円でも大した違いはないのかもしれませんが、
カップラーメンの無料配布に大行列が出来るのを見てもわかる通り、
一般の日本人は「無料」という言葉に非常に弱いのです。

走行だけを目的に高速道路を使用するのは往復分の料金を取られるのでバカバカしい、と思っていても
無料になると何度乗り降りしても関係なくなりますし
免許取りたての高校生なんかも高速を使用するようになるでしょう。


「まずは影響の少ない地方の高速を無料化」などとうそぶいていますが、
走り屋さんたちの活動は都市圏よりそういった地方のほうが活発なものです。

「高速は逃げ場がないので走り屋や珍走団は来ない」という論もあるにはありますが、
無料化は、乗り降りのスムーズな利便化とセットでないと意味がありませんし、
タダで入れるという心理的なタガの外れを甘く見てはいけないでしょう。

取締りを強化すればいい?
もともと利用者も少なく、料金も徴収できなくなるような場所に、さらに人員と予算を投入するの?
そして族と高速警察隊がカーチェイスしたり、事故が発生している横で、
一般車は普通に走れと?


利用者全体の1%でもそんな輩がいれば充分。
無法は良識を駆逐し、混乱は混乱を呼ぶという悪循環によって、
『美神伝説ZOKU』や『レーシングラグーン』のような世界が誕生するのです。

運輸業者が、自衛のために装甲化された護送旅団を私設するとかいうマッドマックス2的な世界もいいかもしれない。ワクワクするぜ。

おとぎばなしは終わりさ…
俺たちの物語は、始まったばかりなのさ……
  


Posted by 白川嘘一郎 at 12:28Comments(2)地下牢のグラフィティ

2009年09月08日

新連載と炭酸文明


そう言えば、週刊少年ジャンプで次号から
いよいよ葦原大介先生の連載が始まります。
どれを持ってくるのかと思ってたら、
『賢い犬リリエンタール』らしい。

がんばれ葦原大介先生
『ROOM 303』(WJ33号読切 葦原大介)
葦原大介『賢い犬 リリエンタール』
葦原大介 『トリガーキーパー』(WJ08号)
葦原大介 『トリガーキーパー・後編』(WJ09号)



……まぁ、今のジャンプで空いているポジションと言ったらそれぐらいだからなぁ。

10年前で言えば、『花さか天使テンテン』とか初期の『世紀末リーダ伝たけし』的なポジションか。
このポジションの作品が減ってから、ジャンプの雰囲気が変わったとか言われ始めた気がする。

今は、サスペンスもSFもサイコもバトルも枠が埋まってるし、
何でもこなせる器用さがあるだけに、編集部の都合のいいように使われてる印象。
この連載で、読者の多くも指摘している「わかりやすいインパクト」不足という課題をクリアして、
経験積んで成長していってほしい。





で、まったく関係ないけどコンビニでこんな飲料が。
本日発売の新商品のようだ。





「古代へGO!!! 炭酸文明」サントリー食品

 “炭酸飲料の起源は、古代エジプト文明の王族が飲んでいたブドウの発泡炭酸”という伝説をモチーフにした炭酸飲料。ローヤルゼリーエキスを配合。さわやかな味わい。



また何か凄いものを出してきた。
そんな伝説を紹介されても、炭酸飲料と古代エジプトのイメージが全く結びつかないし、
エジプトの壁画や象形文字を飲料水のパッケージに使おうという発想が狂ってる。
「古代へGO!!!」の吹き出しは、ご丁寧に壁画の人物の口から出てるし。


そう言えば数年前に「炭酸少年」とかいうのもあったけど、あれもサントリーだったか。
少年は神話になったんだね。

と、思いつつ口に含んでみると……

んん? 確かに言われてみれば不思議なことに、
何となく「古代エジプト」なイメージがしなくもないような。

グルメ漫画とかでよくある、頭の中にイメージが広がるという感じが、ほんのちょっとだけわかる。
パッケージとかの雰囲気に影響されているだけかもしれないが。

言葉で説明するのは難しいけど、ローヤルゼリー配合だし、
リアルゴールド系のドリンク+ブドウ果汁という感じ?
わずかに渋みのあるブドウの味が「古代っぽさ」を感じさせるのだろうか。

とりあえず「ペプシしそ」よりはるかに美味しいことだけは確か。
  



Posted by 白川嘘一郎 at 19:18Comments(0)地下牢のグラフィティ

2009年08月29日

夏の魔物に会いたかった




辛酸フラワー 【しょくぶつ系】

いつも お日さまに せをむけ
やさぐれている

とおりがかった人間に
毒舌と 酸を あびせかける
いやなモンスター

火の こうげきで かんたんに たおせるが
死にぎわの 捨てゼリフで 心にキズをおう者も多い
  


Posted by 白川嘘一郎 at 21:29Comments(5)地下牢のグラフィティ

2009年08月04日

坊やだからさ


昨日の記事ですが、
ぬまっちさんのガンダム30周年祭のレポ。

まさかのミッチーとのツーショット!


昔ミッチーが中野ブロードウェイに行くというTV番組で
シャアのコスプレをやったとき、
「ミッチーはシャアよりガルマだよなぁ」とか言ってたんだけど、
本当にガルマをやってくれるとは!

やはり似合う。
こりゃあ兵も見ますわ。ガン見しますわ。

ガルマも生きてれば、ミッチーみたいな洒落っ気と男気を併せ持つ大人に成長していたんでしょうか。
  続きを読む



Posted by 白川嘘一郎 at 19:42Comments(6)地下牢のグラフィティ

2009年07月24日

足あとの不具合直った?

オタ電モバイル版足あとの不具合、直った模様。
たぶん。   


Posted by 白川嘘一郎 at 22:27Comments(0)地下牢のグラフィティ

2009年07月14日

発掘






富士見書房のドラゴンマガジン。……大昔の。


  続きを読む


Posted by 白川嘘一郎 at 18:13Comments(2)地下牢のグラフィティ

2009年07月10日

せっかくだから俺はこの大統領を選ぶぜ……?


来る東京都議選、うちの周辺には「大統領」と大書されたポスターが貼ってあって気になっていたのですが、





大川興業さんのブログにて、
Ku.comさんが詳しくレポートしておられます。
なんと、直接面会してお話も伺ってきたとか。


「角田豊治で読み仮名「だいとうりょう」ダメ…本人直撃」:イザ!
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/274553/


選挙ポスターが「大統領」である理由についてはこちらで説明されていますが、
なんとこの人、戸籍上の自分の名前の読み方までダイ・トウリョウに変更してしまっているのですね。

なぜそこまでして大統領にこだわるのか。
この方は、日本においても、国民が直接国の代表を選出できる大統領制を導入すべきという信念を持っており、
当選することが目的ではなく、まずその理念を効果的に人々に伝えるために出馬したとのことでした。

単なる売名のウケ狙いではなく、そういう深い意図があったんですね。


面白いから投票してみようかなぁ。

しかし多数決制度の前では、こういった泡沫候補への投票は
事実上の選挙権放棄と大して変わらず、
組織票の地盤を持つ候補者を利するだけの結果になるというのが現状なので、悩ましいところ。

プラス票のかわりに、「こいつだけは絶対当選させたくない」というマイナス票の投票を可能にする制度も採り入れてくれんもんかね。
  


Posted by 白川嘘一郎 at 16:27Comments(6)地下牢のグラフィティ

2009年07月01日

オタ電放送局とやら


オタクの電脳街に新コンテンツ「オタクの電脳放送局」登場!!


オタ電公式のポッドキャスト配信が始まった模様。


◆竹内義和のオタク部屋

われらが竹内義和が秘蔵コレクションへの熱い思いを喋りまくる「竹内義和のオタク部屋」
第1回をついに解禁です!!
この「竹内義和のオタク部屋」では、竹内義和が集めに集めた秘蔵のコレクションを
とにかく熱くしゃべり倒す!! 番組です



◆オタ電ブログの説明書

オタ電ブログの説明書は、ホビーの大専門店「オタクの電脳街」から
毎回1商品、オタクの視点から紹介していく番組です。



◆ポンバシオタ電メイド塾

ポンバシオタ電メイド塾では、アトリエMiMiのメイドたちが
普段は見せないトークを繰り広げるメイドファン必聴のプログラム。









(※保証はしません)
  



Posted by 白川嘘一郎 at 15:38Comments(2)地下牢のグラフィティ

2009年06月23日

ペプシしそ解禁



ボジョレ・ヌーヴォーやなんかと違って誰も気にしてないと思うけど
本日は「ペプシ しそ」の解禁日だよ!!


さっそく買ってきて飲んでみました。
ショウガを使ったジンジャーエールなんてのもありますし、意外とイケる可能性も……

……ご飯に振り掛けたり、おにぎりに混ぜたりする「ゆかり」ってありますよね?




日本料理なんかに添えるしその葉の風味というよりは、
あのしそふりかけをそのままコーラに溶かしたような味です。


罰ゲームに使えるほどめちゃくちゃマズイ、ってことはないんですが
後味がかなり尾を引くので、正直500mlのペットはちょっとキツイかも。

飲んだ後に白い炊き立てご飯が欲しくなる画期的なコーラです。   



Posted by 白川嘘一郎 at 13:03Comments(10)地下牢のグラフィティ